OCC
OBI お茶の水聖書学院

2018年度開講科目予定(聖書科)

前期

科目名をクリックするとそれぞれのシラバス(授業計画)が表示されます。

(*)は基礎科目です。   → 講義内容紹介
→ シラバス(授業計画)一覧

時間 火曜日 木曜日 金曜日

11:00~12:30

(Ⅰ)

旧約各書講義1
レビ記とヘブル人への手紙に学ぶ救い(*)

福井 誠

新約各書講義1
ヨハネの福音書(*)

藤原導夫

キリスト教説教入門1(*)

藤原導夫

13:30~15:00

(Ⅱ)

新約各書講義1
獄中書簡・牧会書

大井 満

キリスト教
カウンセリング
特論(家族関係論)1

堀 肇

旧約各書講義1
創世記

水口 功

15:30~17:00

(Ⅲ)

聖書地理歴史Ⅰ
旧約聖書編

飯島 勅

教会史特論1
宗教改革と敬虔主義に学ぶ

丸山悟司

聖書語学入門1
ギリシャ語

岩上敬人

18:30~20:00

(Ⅳ)

実聖書重要教理1(*)

福井 誠

アジア教会史1
日本編

福井 誠

新約各書講義1
聖書の人物を
牧会的に読む

河村従彦
  1. 2018年講座申込み受付中です。お申込みはOBI事務局までご連絡ください。
    Tel:03-3296-1005   e-mail:office@obi-net.com
  2. (*)印は、基礎科目です。3年間の履修課程の中で、必ず受講するようにしてください。

ページトップへ

後期

(*)は基礎科目です。           

時間 火曜日 木曜日 金曜日

11:00~12:30

(Ⅰ)

旧約各書講義2
レビ記とヘブル人への手紙に学ぶ救い(*)

福井 誠

新約各書講義2
ヨハネの福音書(*)

藤原導夫

キリスト教説教入門2(*)

藤原導夫

13:30~15:00

(Ⅱ)

新約各書講義2
獄中書簡・牧会書簡

大井 満

キリスト教
カウンセリング
特論(家族関係論)2

堀 肇

旧約各書講義2
創世記

水口 功

15:30~17:00

(Ⅲ)

聖書地理歴史2
新約聖書編

飯島 勅

教会史特論2
宗教改革と
敬虔主義に学ぶ

丸山悟司

聖書語学入門2
ギリシャ語

岩上敬人

18:30~20:00

(Ⅳ)

聖書重要教理2(*)

福井 誠

アジア教会史2
(フィリピン、韓国、中国、タイ、
インドネシアなど)

福井 誠

新約各書講義2
聖書の人物を
牧会的に読む

河村従彦
  1. 2018年講座申込み受付中です。お申込みはOBI事務局までご連絡ください。
    Tel:03-3296-1005   e-mail:office@obi-net.com
  2. (*)印は、基礎科目です。3年間の履修課程の中で、必ず受講するようにしてください。

※開講予定クラスです。人数によっては開講されない場合があります。

ページトップへ

講義内容紹介

《旧約各書講義 レビ記とヘブル人への手紙に学ぶ救い(通年) 福井誠》
神の民がどのようにして神に近づき、神との交わりを保っていくか、レビ記の示すところと、ヘブル人への手紙がそれをどのように発展させて説明しているかを学んでいきます。前期はレビ記、後期はヘブル人への手紙を中心に学びます。
《新約各書講義 獄中書簡・牧会書簡 (通年)大井満》 
パウロ書簡について、前期は「獄中書簡」(エペソ、ピリピ、コロサイ、ピレモン)を学び、後期には「牧会書簡」(テモテ第一、第二、テトス)を学びます。パウロがどこの獄中で書いたのか、著者はパウロだと言えるのかなど、それぞれ大きな課題にも取り組んでみたいと思います。
《聖書地理・歴史 (前期)旧約聖書編/(後期)新約聖書編 飯島勅》
今年度は「聖書の地理・歴史」を考古学から見つめ学びます。特に、前期、後期それぞれ15回のうち、各5回については、聖書考古学資料館(OCC503号室)の協力を得て、3人の理事による特別授業を開講します。
《聖書重要教理(通年) 福井誠》
聖書の基本的な教理を、体系的に理解していきます。前期は、聖書、神、人間、キリスト、救いを、後期は、教会、宣教、終末をテーマに聖書が何を語っているかについて、理解を深めていきます。
《新約各書講義 ヨハネの福音書(通年)  藤原導夫》
四つの福音書における「ヨハネの福音書」ならではの特徴に留意しつつ学びを進めます。そして「かつて、そこにおける」聖書の物語から、それにつながる「いま、ここにおける」私たちの物語をも探求します。
《キリスト教カウンセリング特論-家族関係論 (通年) 堀 肇》
現代社会の最も大きな問題は家族機能の衰退です。そこからさまざまな問題が発生しています。本授業では家族の心理構造を明らかにしつつ、キリスト教の立場から問題にどう対処したらよいかを学びます。
《教会史特論-宗教改革と敬虔主義に学ぶ(通年) 丸山悟司》
宗教改革:プロテスタント教会は2017年に500周年を迎えました。私たちが引き継ぐべき、遺産と伝統とは何なのでしょうか。また、私たちが向かうべき課題は何なのでしょうか。宗教改革の教義を掘り下げ、その神髄に迫ります。
  敬虔主義:「第二の宗教改革」とも謳われる敬虔主義運動の立役者たちの生涯と、その神学、教会史上における貢献を学びつつ、今日、私たちが所属する教団教派と敬虔主義との接点を模索することで私たちの立ち位置を確認し、将来を展望します。
《アジア諸国の教会史
(前期)日本編/(後期)フィリピン、韓国、中国など 福井誠》
前期は、日本を中心にザビエルの宣教から、戦後の諸教派・団体の宣教の展開に至るまでの歴史を学んでいきます。また参加者の教会のルーツを互いに分かち合います。後期は、インド、インドネシア、韓国、ベトナム、フィリピンなど、アジア諸国の宣教の歴史を学びます。
《キリスト教説教入門(通年)藤原導夫》
第一に説教に対する理解を深めるため、第二により良く説教ができる奉仕者として整えられるために学びます。その意味で説教を聴く側と、説教を語る側の双方から考察します。前期は理論を学び、後期はその実践となる演習を行います。
《旧約各書講義 創世記(通年) 水口功》
本講義では、この世界、男と女につくられた人、人の罪と救いの始まりに着目しながら、各々の人物像を探っていきます。また創世記から見えてくる福音の恵みを、新約聖書のことがらも引用しながら、味わっていきたいと思います。
《聖書語学入門 ギリシャ語(通年)岩上敬人》
本クラスは昨年のクラスに引き続きギリシア語の初級文法を学びます。初級文法テキストの『エレメンツ』の後半と新約聖書のギリシア語テキストを学びます。/dd>
《新約各書講義 聖書の人物を牧会的に読む(通年)河村従彦》
人間の心理やその人が描く神さまのイメージなど、牧会的な視座を活かして、聖書に登場する人物にアプローチしていきます。弱さや欠けを持ちながらも神さまに用いられたことの現代的意味をごいっしょに考えます。

ページトップへ

© OBI 2016